交通事故と慰謝料請求

交通事故に遭った際、相手側に過失が認められた場合は、慰謝料を請求することができます。車の破損だったり、自身の怪我だったりと、慰謝料を請求する際の材料はいくつかありますが、状況によっては、相手側の保険会社などが提示した請求額よりも多く請求できます。とはいえ専門知識がないと詳しい相場も分からないので、事故を起こしたときはなるべく早く弁護士に相談して、慰謝料請求の適正額を教えてもらいましょう。

慰謝料の請求額は、条件次第で大きく変化します。身体を軽くぶつけて怪我を負ったなら、裁判なども起こさず、当事者間で解決することもあります。このとき注意したいのが、怪我に気付かなかったケースで、弁護士を介さずに取引を済ませたために、その後怪我が見つかった後は泣き寝入りせざるを得なくなるかもしれません。症状の度合いが分からないときも、一応弁護士に連絡しておいて、その後どんな行動に移ればよいのか確認しておきましょう。少なくとも当事者間の金銭のやり取りで解決するものとは思わないでください。

慰謝料請求でトラブルが起きるのは、大抵は被害者側と加害者側の言い分がすれ違うことにあります。特に当事者同士で話し合いをしようとすると、正しい知識もないまま、言い争いだけが続いてしまうこともあるので、そうした時間を減らすためにも積極的に話し合いをする機会を作ります。事故現場を調査し、保険会社が派遣した調査会社の情報などを元に、より多くの慰謝料を請求できるよう交渉することで、今後の生活の負担を減らすことが出来るでしょう。