状況を問わず

時には深刻な被害をもたらし、普段の生活に大きな影響を与える交通事故ですが、人によっては大したこと無い怪我で済んだという方もいます。怪我もなく健康でいられるなら理想的ではありますが、その後のトラブルを防ぐために、一度は弁護士に相談する機会を作ったほうが良いでしょう。たとえ大したことのなさそうな怪我に見えても、しばらく経つと痛みを感じることも多々あります。そのため弁護士に相談する際は、状況を問わず、交通事故にあった段階で連絡するのをお勧めします。

参照資料
交通事故の慰謝料・弁護士への無料相談|弁護士法人アディーレ法律事務所

交通事故の慰謝料がどれくらいになるかは、加害者側の保険会社や弁護士との話し合いによって行われます。被害者側は可能な限り高くなるよう、加害者側は負担を減らすために行動しますが、どちらの意見が通るかは、現場の状況に追って変化するので、はっきりとはわかりません。慰謝料請求をスムーズに行うためには、可能な限り請求額を増やすのはもちろんですが、加害者側もある程度納得させる必要もあるので、交渉については多少時間がかかっても弁護士に任せたほうが安心です。

特に怪我も負っていないのに、弁護士に交通事故について相談するのは、少々大げさと感じるかもしれませんが、事故が起きた段階で考えなければならないことはたくさんあるので、万が一の事態も想定して、事故に遭ったら早めに弁護士に相談してください。交通関連のトラブルに強い弁護士も大勢いるので、まったく情報がない法律事務所に相談するのは避けて、出来る限り評判が良い法律事務所がないか探しましょう。

専門家にお任せ

交通事故に遭ってしまったり、交通事故を起こしてしまったりしたときは、慌てずに行動することが大切です。人身事故の場合はそれこそ命にかかわる事態に陥っているかもしれないので、慌てずに救急の手配などを行いましょう。幸い被害者加害者ともに身体に問題がない場合は、今後のことも考えて、警察に連絡した後に、その後の準備を進めていく必要があります。特に被害者側として、慰謝料を請求する必要が出た際は、専門の弁護士に必ず相談してください。

慰謝料を請求する際は、加害者側の保険会社が金額を指定するかと思いますが、あくまでそれは弁護士側が提示する最低額の慰謝料で、相場で見ればもっと受け取れる可能性があります。専門の弁護士ならそうした情報もきちんと把握しているので、今回起きた事故の様子や、何が原因で事故が起こったのかなど、詳しい情報を調査した上で、こちらに有利な条件を提示してくれます。

弁護士に交通事故後の取引についてサポートしてもらうことで、慰謝料などをより多く受け取ることができますが、多くの慰謝料を慰謝料を受けとれるかどうかは、弁護士の実力も深くかかわっています。他のトラブルに強い弁護士の場合、重要な見落としが発生するとも限らないので、事前に交通事故関連のトラブルに強い弁護士がいないか探しましょう。大抵の法律事務所は無料相談も受け付けているので、事前に連絡した、運転中の供えを用意するのも一つの手です。

交通事故と慰謝料請求

交通事故に遭った際、相手側に過失が認められた場合は、慰謝料を請求することができます。車の破損だったり、自身の怪我だったりと、慰謝料を請求する際の材料はいくつかありますが、状況によっては、相手側の保険会社などが提示した請求額よりも多く請求できます。とはいえ専門知識がないと詳しい相場も分からないので、事故を起こしたときはなるべく早く弁護士に相談して、慰謝料請求の適正額を教えてもらいましょう。

慰謝料の請求額は、条件次第で大きく変化します。身体を軽くぶつけて怪我を負ったなら、裁判なども起こさず、当事者間で解決することもあります。このとき注意したいのが、怪我に気付かなかったケースで、弁護士を介さずに取引を済ませたために、その後怪我が見つかった後は泣き寝入りせざるを得なくなるかもしれません。症状の度合いが分からないときも、一応弁護士に連絡しておいて、その後どんな行動に移ればよいのか確認しておきましょう。少なくとも当事者間の金銭のやり取りで解決するものとは思わないでください。

慰謝料請求でトラブルが起きるのは、大抵は被害者側と加害者側の言い分がすれ違うことにあります。特に当事者同士で話し合いをしようとすると、正しい知識もないまま、言い争いだけが続いてしまうこともあるので、そうした時間を減らすためにも積極的に話し合いをする機会を作ります。事故現場を調査し、保険会社が派遣した調査会社の情報などを元に、より多くの慰謝料を請求できるよう交渉することで、今後の生活の負担を減らすことが出来るでしょう。